本文へジャンプ

『真壁(しんかべ)』は柱や梁を室内側に見せるようにした日本古来の内装仕上げです。この真壁仕上げのメリットは、柱・梁などの構造材が呼吸でき耐久性に優れていることや、規則的に並ぶ柱の美しさなどがあげられます。
しかし、いちばんのメリットは、柱にお子さんの成長記録を刻むなどといった、昔ながらの家と人との暮らしの楽しさこそ真壁ならではの良ではないでしょうか。

■物件概要
敷地面積/196.97m2(59.58坪)
延床面積/139.94m2(42.33坪)
1F面積/90.26m2(27.30坪)
2F面積/49.68m2(15.02坪)
施工面積/149.04m2(45.07坪)

ページトップへ

(室内の厚みが薄くなる分、居室空間が広くなります。)

(柱を露出することにより、暮らしの中に木を感じることができます。)

ページトップへ