より健康で快適な住宅を!外断熱工法、健康住宅のとやまアイホームのホームページへようこそ!

お問い合わせはお気軽に[フリーダイヤル]0120-334-208 メールでのお問い合わせihome-t@tih.co.jp
柱や梁などの構造材と壁・床・仕切りパネルを一体化した「壁面ユニット」。パネル工法の合理性と在来工法の自由性を両立した工法です。
  • ヨコ揺れに強いパネル壁で地震から守る
  • 結露させない高断熱・高耐久な住まい
  • 大空間&大開口など自由度の高い設計が可能
  • 健康・快適・省エネな暮らし
一般に住宅の断熱材としては、グラスウールが使用されていることが多いようですが、プレウォールでは、グラスウールの約2倍の断熱性能をもつ45mm厚のフェノールフォームを使用しています。柱と柱の間にグラスウールを敷き詰める現場作業の工法では、施工にバラツキがあり本来の断熱性能を発揮することが難しいこと、またグラスウールが湿気に弱く、年を経るごとに断熱性能を失っていったり、ずり落ちたりする点が大きな欠点となっていました。プレウォールを採用すれば安心です。
軸組工法にウレタン断熱材パネルを組み合わせ施工する工法は、もともと極寒で知られる北欧で誕生した工法です。
壁はプレウォール、床と天井は組込みを利用し、住まい全体を断熱材フェノールフォームで包み込み、高い断熱性能・気密性能を実現しました。
一度暖めた空気を外に逃がさないという点で、寒さに強いのはもちろんですが、同様に夏の冷房効果も抜群です。一年中快適な室温・湿度で暮らすことができ、電気代も節約できる省エネルギー住宅となります。
夏暑く、冬は寒く、一年中を通じて湿度が高いという気候や積雪の問題は、北陸地方の住まい全体が克服すべき課題です。断熱性能や気密性能が、北陸の住まいにとって重要なテーマとなっているのは、そのためです。プレウォール工法は、もともと気密性に大変優れた工法です。特別な気密材や施工方法を採用しなくても、北陸の住宅に適した十二分な気密性お誇ります。
グラスウールを断熱材に使用したときに起こりがちな、バラツキや不連続部の発生などの施工不良は、断熱効果を損なうだけでなく、湿気や結露の原因となります。結露は住まいの大敵。シロアリの発生や構造材を腐らせるなどして建物の寿命を著しく縮めています。
それに対し、水を吸い込まず湿気に強いフェノールフォームは、結露の心配がありません。
何年経っても変わらぬ断熱性能を誇ります。
プレウォールの強度を実証するため、富山林業技術センターの協力のもと各実験を行っています。パネルという断片だけでなく、壁全体を試験体とした大規模な実験でデータとして検証されています。柱と梁を用い、建物の外周部にパネルを組み込んだプレウォールのモノコック構造は、揺れに強い住まいをつくります。
プレウォールの住まいは、建物を柱と梁、壁パネルと一体床で支えます。柱・梁・筋かいなどで支える在来軸組工法はもちろん、枠材と面材で支える2×4工法と比べ強度に大きな差があります。
組立接合方法も、高精度の仕口組立をした後、補強して耐震金物や釘を多用している点で、接着剤と釘、金物だけに頼る2×4工法や木質プレハブ工法に比べ、しっかりと結合しています。

間取りの構成は比較的自由に行えますが、外からの力に対して、柱や筋かい、梁だけで支える構造なので、部材が細い場合やバランスが悪い場合は、一ケ所に大きな力が働き大きく変形する傾向があります。

外からの力に対して、壁や床面で支えるため、単位面積あたりの荷重が小さく、変形する量も大きくありません。しかし、面で支える構造のため、開口部や間取りはかなり制限されます。

柱・梁・壁でバランスよく外部からの力を支えます。間取りの構成、開口部の制限も最小限のものになります。
【工法別比較】
家にかかる力 水平荷重(地震・台風) 鉛直荷重(家全体の重み・積雪など)
在来軸組工法 柱・筋かいで支える 柱・梁で支える
2×4工法 床壁で支える 壁で支える
プレウォール工法 柱・床・壁パネルで支える 柱・梁・壁パネルで支える
積雪1mを想定し、積雪荷重約10トン、積載荷重約8トン、合計約18トンの荷重をかけ、阪神淡路大震災クラスの大地震を計10回再現しました。
連続して激震を受ける過酷な実験にもかかわらず、構造体としては健全な状態で、極めて高い耐震性能が確かめられました。プレウォール工法は、積雪地域において荷重のある状態で大地震が発生しても粘り強く耐えられることが実証されました。

(提供:ウッドリンク 株式会社 耐震実験:大林組技術研究所にて)
住まいの耐久性を決定するのは、湿気対策であり、結露対策です。木を絶えず乾燥させた状態に保ち腐朽菌やシロアリの発生を抑えれば、住まいは長い間快適に保てます。
従来の建物では、室内で発生した水蒸気は壁体内で結露し、断熱材の機能を低下させたり、構造体を腐らせるなど住まいの寿命を損なっていました。また、ダニやカビが発生する原因ともなり、健康面での問題があります。
プレウォールでは、結露を防ぐため「通気層」「小屋裏換気スリット」を設け、壁体内の水蒸気を建物の外へ排出する通気工法を採用しています。
プレウォールの住まいでは、従来の換気口を設置する基礎の工法に替えて、全周囲に通気スリットを設ける基礎パッキン工法を採用しています。床下全体に空気の滞留がなく、土台と基礎が直接触れることもないので、床下は常に乾燥した状態に保たれます。しかも、床下と建物内部は完全に遮断されているので、湿気が壁の中に入り込む心配もありません。