より健康で快適な住宅を!外断熱工法、健康住宅のとやまアイホームのホームページへようこそ!

お問い合わせはお気軽に[フリーダイヤル]0120-334-208 メールでのお問い合わせihome-t@tih.co.jp

プレウォール工法は、パネルだけでなく柱・梁も含めて工場で生産しています。柱や梁など構造材と、壁・間仕切りパネルを専用ラインで一体生産しているのです。すべてを現場で組み立てる在来軸組工法やツーバイフォー工法より、一歩進んだ工場生産システムです。高い水準の品質管理が行えるので、図面で計図された強度をそのまま現場で実現します。

クレーンを使ってプレウォール(壁面ユニット)を施工していきます。同時に2階床面の桁や梁をしっかりと組んでいきます。
屋根部材も取り付けられ上棟完了です。1階と同様、2階もプレウォール(壁面ユニット)が施工され、隙間なく建物全体を包み込みます。その外側には防湿防風シートが敷きつめられていきます。
建物全体を防湿防風シートで包み込みます。サッシも入り、サッシや換気口の回りもしっかり防水テープで施工します。同時に屋根瓦が上げられ、内部工事も着々と進んでいきます。
防湿防風シートを胴縁で押さえていきます。この胴縁により通気層を確保することができるので、外壁内部を空気が流れ、壁内結露を抑制します。内部配線・配管工事も進み内部工事も順調です。
防湿防風シートと胴縁を施工後、外壁材(サイディング)を施工します。この工事が終わると外観のデザインが見えてきます。内部工事はユニットバスが入りました。
足場が解体され建物全体が見えてきました。内部は内装下地工事が進み、階段や造作棚、建具枠などの施工も完了。
壁や天井のボードとボードの継ぎ目やビス穴などを平らにするパテ処理が完了し、クロスを貼って内装工事も完成に近づいてきました。システムキッチンの設置も行われ、住宅設備の搬入、取付作業に入っていきます。
ついにプレウォール工法モデルが完成しました。一角に小上がりの畳コーナーを設けた吹抜けリビングは開放感いっぱいです。是非一度ご来場くださませ。