近年、土地活用の中で「戸建賃貸経営」に注目が集まっています。
土地の形や立地に左右されず建てることができ、アパートやマンション経営に比べ、
ローコストで進められることでも人気です。
また、相続した実家の土地を税金対策のために活用したいと考えている人にも
「戸建賃貸経営」を検討される方が増えてきています。

アパートやマンションは必然的に大きな敷地とできるだけ長方形や正方形が必要ですが、一戸建賃貸なら20坪程度の土地から建設可能で、狭小地や変形地でもプランニング次第で建物を建てることができ、自由度が高いというのは戸建賃貸の大きな魅力です。

現在、戸建賃貸は需要に対して供給が圧倒的に不足し希少性が高いため、入居者の需要ニーズが高く、家賃相場の値崩れも起きにくいというメリットが挙げられます。また、入居者はファミリーが多く、子どもの学校などの関係で、生活環境を簡単に変えられないことから、長期間の入居が見込めるのです。

固定資産税は、更地になると高くなるという特性があります。戸建賃貸を建築すると、固定資産税が大幅に軽減され、さらに、相続税の課税基準の評価額も大きく下がり税負担が小さくなります。このように、更地を所有するより、戸建賃貸を建てる方が大きな節税効果が期待できます。

三角の変形地を活かし、二階建ての1LDKを2世帯並べたプランです。LDKを2階に配置し仕切らずワンフロアに。真ん中にバルコニーを設けることで、コンパクトでありながらも明るく開放的な空間を演出します。全室から桜並木を見渡せ、春には絶景を存分に楽しめる設計になっています。

1階と2階で世帯を分離し、デッドスペースを利用した収納スペースをたっぷり確保。実際の面積以上に広く感じれる居住空間を実現しました。それぞれ間取りは2DKですが、襖を開ければ1LDKに早変わり。暮らしに合わせてフレキシブルに変えられる便利なプランになっています。