耐震に不可欠な筋かい金物に“制震機能”をハイブリッド

繰り返しの余震にも強い

揺れを最大約75%*軽減し、見えないダメージからもわが家を守ります。

「従来の筋かい金物を設置した家」と「DIT制震筋かい金物を設置した家」の揺れの違いを解析。
3,000パターンに及ぶ応答解析の結果、2階の床の揺れ幅が最大約75%*軽減されることが実証されました。

筋かいを守る

多く設置した分、制震効果が高く、筋かいの損傷も抑えられます。

DIT制震筋かい金物の設置数が多いほど、地震による建物の変形は小さくなり、筋かいへのダメージも抑制。〈耐震+制震〉構造で住まいを守ります。

設計自由度が高い

設計プランを変える必要はありません。

これまでの制震装置は、設置のために、壁の位置・形状などに制限が生じてしまう欠点がありました。 コンパクトで省スペース、従来の筋かい金物と同様に設計できる「DIT制震筋かい金物」なら、こうした制限がなく、より自由な空間づくりが楽しめます。