加圧注入式防腐防蟻処理で
長期にわたり安心のシロアリ対策 ※オプションです。

木材の大敵である腐りとシロアリに高い効果を発揮する加圧注入式防腐防蟻処理。乾燥した木材を注入タンクに入れ、圧力をかけて薬液を木材に浸透させる方法です。
一般的な防腐防蟻処理は、木材の表面に塗布・吹き付けるという方法でその効果は短く、それに対し、加圧注入式防腐防蟻処理は木材の深くまで薬剤が浸透するので、長い間効果が持続します。

土台は米ヒバかヒノキの集成材を標準仕様

土台は水に強く腐りにくいことが不可欠です。その点、米ヒバは木に脂分が多いため水に強く、ヒバ独特の匂いがあります。(ヒノキチオール)この匂いが白アリや腐朽菌を寄せ付けない効果を発揮します。ヒノキも強度があり、白アリや腐朽菌にも強く高耐久の樹種です。