硬質ウレタンフォームの特性を生かし
水を使って発砲させる断熱材「アクアフォーム」

通常、ガスを使用して充填させることが多い断熱材ですが、「アクアフォーム」は硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。これによってガスが抜けて性能が下がってしまう事が無くなりました。また、イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用する事で、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、地球にやさしいウレタンフォーム素材です。

現場での発砲施工で細かい部分の隙間を解消

「アクアフォーム」は住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう現場吹付け発泡による断熱工事です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

長期安定で性能を発揮

「アクアフォーム」は透湿性が低いため、断熱材の内部結露も起こりにくく、耐久性に優れた住まいを実現します。室内温度差によるヒートショックも起こしにくく、長期間に亘って快適な空間を維持することができます。また、グラスウールにない自己接着力を持っており、建物の強度を向上させます。