制震ダンパー「GO-TA」は、
地震の揺れを抑え、しっかり踏ん張り、壁になる

制震ダンパー「GO-TA」は、独自構造の摩擦ダンパーを採用した筋かい型の画期的な制振システムです。万が一、地震などで家が揺れたときには、摩擦ダンパーの働きで、建物の揺れを熱エネルギーに変換し、建物の変形を抑制します。

一般住宅における進行性破壊のイメージ

●「GO-TA」なし・・・揺れの力を受け止めやすい

建物の各所に直接負担がかかるため、徐々に耐力が削られます。耐震化により耐力壁を増やしても、かえって建物が受けるエネルギー(応答加速度)が増大する場合があります。

制振ブレースを採用した場合のイメージ

●「GO-TA」あり・・・揺れの力を逃がしやすい

建物が傾き始めると、「GO-TA」が強いブレーキをかけて、建物の損傷をやわらげます。耐震性が高く壁量が多い建物にも効果的です。