より健康で快適な住宅を!外断熱工法、健康住宅のとやまアイホームのホームページへようこそ!

お問い合わせはお気軽に[フリーダイヤル]0120-334-208 メールでのお問い合わせihome-t@tih.co.jp
水と空気で膨らんでできた断熱材で、構造体の内側から隅から隅まで吹き付け、家全体をすっぽりと覆うことができる、現場吹き付け発泡による断熱工事です。
現場吹き付け発泡なので、複雑な構造の住宅も隙間なく施工できます。
また、自己接着力により、躯体との間に隙間ができにくく、長期にわたり、優れた気密・断熱性能を維持します。
建物をすっぽりと包み込むことで、次世代省エネ基準を大幅に上回る高気密・高断熱を実現します。
ウレタンフォーム断熱材の細かい連続気泡構造は吸音性にも優れています。
高い気密性により、外部の騒音や内側からの生活音の漏れを軽減するとともに、ウレタンフォーム断熱材の細かな気泡構造が音をスポンジ状のフォーム内に拡散するため、これらの騒音を気にすることなく暮らすことができます。
建物に隙間が多いと、風や湿気が外から建物の中に入ってきます。
建物を効率的に換気するには、まず高い気密性をもった住宅を造る必要があります。
高い気密性があってはじめて、効率的に、計画的に換気することが可能なのです。24時間換気システムとの組み合わせで、健康的な空気環境をつくりだすことができます。
ウレタンフォーム断熱材は、複雑な隙間も隙間なく施工できるので、建物に外気が入ることもなく、中の空気も漏れることがありません。したがって、冷・暖房の熱ロスがなくなり、冷・暖房費が削減されます。
ウレタンフォーム断熱材は、環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水を発泡材として使用するので、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生しません。
暮らす人だけでなく施工する人にもやさしい安全な断熱材です。
一覧はこちら